明治元年 天下の台所、大阪と共に150年、これからも皆様に「ウマい!」をお届けいたします

とり粂 「ウマい!」をここから ブランドだけでなく、本当に「ウマい!」ものをあなたに贈ります。


「食べ方」から選ぶ


シンプルだからこそ出る違い。 これが、ステーキ。

素材の良さがシンプルに味に出るのがステーキと焼肉です。
熟成を見極めることによって、脂肪の薫りが際立ち、赤味部分のコクが増していきます。

サーロイン

「神戸牛を味わいたい」という方には、私はステーキをおすすめします。
下の上でとろける脂肪からは、大自然の野草の香りが。弾力のある赤味からは、肉そのものの持つ「ウマさ」を感じることができます。

神戸牛 最高級A5 サーロイン(ステーキ用)

「だまされたと思って食べてみろ!」そう宣言できるのは神戸牛だけ。人生を豊かにする味わいをお試しください。

2枚(写真) 6,400円 (税抜)
3枚 9,600円 (税抜)
4枚 12,800円 (税抜)
  • 柔らかさ

  • 霜降り

  • コク

  • 脂身

    
(100g/1,600円)1枚約200g

(100g/1,600円)1枚約200g

    

ヘレ

腰周りにあるヘレの筋肉はほとんど使われないため、牛肉の中でも一番やわらかい肉です。シャトーブリアン、ミニヨンなど、高級部位はヒレの中に含まれています。弾力がありながらやわらかい。口の中で噛むと思わず微笑んでしまうのが、神戸牛のヘレなんです。

神戸牛 最高級A5 ヘレ(ステーキ用)

口に入れて噛むと思わず微笑んでしまう、それが神戸牛のヘレです。
食べることの幸せを感じさせてくれる、最高のステーキです。

2枚 4,420円 (税抜)
3枚 6,630円 (税抜)
4枚 8,840円 (税抜)
5枚(写真) 11,050円 (税抜)
  • 柔らかさ

  • 霜降り

  • コク

  • 脂身

    
(100g/1,700円)1枚約130g

(100g/1,700円)1枚約130g

    

ロース

黄金比、という言葉がありますが、脂肪と赤身の黄金比があるとするならば、それはロースのことだと思います。薫る脂肪とコクの赤身のバランス。それは、どれだけ食べても満腹にならないウマさです。

神戸牛 最高級A5 ロース(すき焼き用)

砂糖と醤油だけで、三ツ星レベルの料理になってしまう。それが神戸牛のすき焼きです。

500g 7,000円 (税抜)
800g(写真) 11,200円 (税抜)
1kg 14,000円 (税抜)
  • 柔らかさ

  • 霜降り

  • コク

  • 脂身

    
(100g/1,400円)

(100g/1,400円)

    

ロース

黄金比、という言葉がありますが、脂肪と赤身の黄金比があるとするならば、それはロースのことだと思います。薫る脂肪とコクの赤身のバランス。それは、どれだけ食べても満腹にならないウマさです。

特選霧島豚 ロース(ステーキ、とんかつ用)

本当にウマい豚は、厚切りで火を通しても驚くほどのやわらかさです!噛んだ瞬間に出る肉汁の量には皆さん驚かれます。

5枚(写真) 2,500円 (税抜)
  • 柔らかさ

  • 霜降り

  • コク

  • 脂身

    
(100g/250円)1枚約200g

(100g/250円)1枚約200g

    

肩ロース

ロースが柔らかすぎてつまらない、という通の方には肩ロースをオススメしています。筋肉に近い分、脂身は減りますが旨味は多い。旨味が凝縮されたジャーキーのように、噛めば噛むほど肉の旨味を感じることが出来ます。

特選霧島豚 肩ロース(ステーキ、とんかつ用)

ステーキの鉄板から立ち上る焦げた脂の匂い。とんかつに箸を入れたときの「サクッ」という音。どちらも、垂涎の一品です!

5枚(写真) 2,500円 (税抜)
  • 柔らかさ

  • 霜降り

  • コク

  • 脂身

    
(100g/250円)1枚約200g

(100g/250円)1枚約200g

    

Find us on Facebook
ページトップへ戻る